マロニエファッションデザイン専門学校|服飾・スタイリスト育成|学びの特徴|学内イベント|マロニエファッショングランプリ2016 受賞作品

マロニエファッションデザイン専門学校

マロニエファッショングランプリ2018受賞作品

受賞作品

朝日新聞社賞

ファッションクリエイション学科
オートクチュールデザインコース3回生
三木 百々
作品タイトル

사랑〜愛〜

コンセプト

人々は愛によって生きている。
でもその愛の感じ方はそれぞれである。
愛があるだけ夢中になれるものがある。
愛があってこそ大切にできる何かがある。
愛せないなら愛されることがない。
愛すること、愛されること、ただそれだけ。

産経新聞社賞

ファッションマスター学科 3回生
渡邊 物
作品タイトル

電柱男

コンセプト

日本で日常的に誰もが目にする電柱。
名前がつけられ、設置された場所によって異なる
年の重ね方(錆など風合い)をする電柱に着目。
”警官保持の為無電柱化”が行われる中、今ある電柱のビジュアルとしての面白さを日常着、real clothesのメンズ服上に再現する。

繊研新聞社賞・ヨシダ ヒロコ賞

ファッションクリエイション学科
アパレルデザインコース 3回生
倉本 聖子
作品タイトル

Learn new Cont’d

コンセプト

”スーツの歴史”×”現代の新しさ”
懐かしさを感じさせつつ、新感覚のパズルを解くような思考回路を作り出す。

毎日新聞社賞

夜間ファッションクリエイション学科
3回生
津田 真希
作品タイトル

アイのヒト

コンセプト

 静寂を象徴し、気品さを演出する藍色での表現。
第一のアイ。
 ありのままの自己を尊重し受け入れるさま。
第二のアイ。
 惹きつけられ、憧れ思う恋愛する存在。
第三のアイ。

讀賣新聞社賞

ファッションクリエイション学科
オートクチュールデザインコース 3回生
福田 晴美
作品タイトル

Waldeinsamkeit

コンセプト

「Waldeinsamkeit」
ドイツ語で「森の中に一人でいる気分」という意味で、自然との繋がりを強く感じて、リラックスしているような瞬間を指す。色々な視点から森を見て、一枚一枚の葉が重なり、密集し、森になり、触ってみたいと思う気持ちを表現。

大谷 時正 特別賞

ファッションクリエイション学科
オートクチュールデザインコース 3回生
下田 知沙都
作品タイトル

コンセプト

夕涼み、蝉の声がする
 風がそよいで葉が揺れている
少し焼けた畳、大きなちゃぶ台
 蚊取り線香の煙がやさしい
お茶漬けでも食べようかな

マスイユウ賞

ファッションクリエイション学科
アパレルデザインコース 3回生
AHNA KIM
作品タイトル

Young Fellow

コンセプト

I just wanna be a lil girl.
I don’t wanna become an adult.
オトナニナリタクナイ。
タダソレダケ。

FM802 賞

ファッションクリエイション学科
オートクチュールデザインコース 3回生
松田 奈摘
作品タイトル

重なりと流れ

コンセプト

様々な重なり。
線の流れでひとつのモノに。

芝野 祐美子賞

ファッションビジネス学科
スタイリストコース 3回生
岡本 花純
作品タイトル

Dear girl

コンセプト

女の子みんながキラキラやフリフリを使いつつ、他の誰も真似できない唯一無二の自分を作り上げる。
みんなが好きなものをただ身につけるのではなく、それをどう自分の色で装飾していくかが、女の子が女の子であるべき姿だと訴える。

MFD理事長賞

ファッションクリエイション学科
オートクチュールデザインコース 3回生
垣本 由美
作品タイトル

Diplosomia—結合体-

コンセプト

多様な素材を組み合わせ、「Diplosomia」結合体、
を表現し、オリジナル素材を提案。
オーガンジーの糸、反射シートなどを使い、より一層輝きを放つ女性の繊細さ、儚さ、強さ、も表現した作品。

MFD校長賞

ファッションクリエイション学科
クリエイティブキャリアコース 1回生
石原 保奈美
作品タイトル

Vam43

コンセプト

19世紀の末頃だっただろうか。その村はひっそりと閉ざされて存在していた。村の中心部にそびえ立つ荘厳な城の当主はグラド・ドラキュラ。彼の正室であるモーラ・ドラキュラと共に永年生き延びる純血のヴァンパイアである。その村でかつて犠として捧げられ、ヴァンパイアとなった少女の名がレベッカ・ツェペシェ。今日はその3人の物語を話そう。

トワリスト部門
最優秀賞

ファッションクリエイション学科
オートクチュールデザインコース 2回生
上野 希
作品タイトル

鶴の恩返し

スタイリングコレクション
2回生部門 最優秀賞

ファッションビジネス学科
スタイリストコース 2回生
森田 千晶
作品タイトル

POPNIC

ショッププランニング
2回生部門 最優秀賞

ファッションマスター学科 2回生
藤原 栞奈
作品タイトル

statice

キッズコレクション部門
最優秀賞

ファッションクリエイション学科 1回生
加藤 瑳久良
作品タイトル

泡沫

ボディデコ部門
最優秀賞

ファッションビジネス学科 1回生
峯 伊織
作品タイトル

人間関係

マロニエファッショングランプリ2018レポートページへ
マロニエファッショングランプリ2018レポートページへ