マロニエファッションデザイン専門学校

ホーム  >  保護者の方へ

保護者の方へ

保護者の方へ

マロニエは2014年に創立65周年を迎えた、ファッションの専門学校です。伝統的なファッション教育に、時代をリードする革新的なカリキュラムを融合させた独自の教育システムは、ファッション業界でもつねに注目を集めています。近年は産学協同型演習にも積極的に着手し、プロの現場から学ぶことを大切にしています。このような実践的で画期的な教育で、マロニエから優れた人材を数多く輩出しています。

クラス専任講師制
授業は現役のデザイナーやクリエイターである専任講師が一貫して担当。受講生一人ひとりの特徴や方向性を踏まえて授業を進行します。常に、受講生の実力や理解度を把握し、責任を持って指導いたします。また、クラス制なので共に勉強する仲間がいる点も心強いです。
最新の設備環境を整備
教室に設置される各種機材、ソフトウェアは、現状の市場シェアと将来性を考慮して最適なものを選定。「ITルーム」には、40台のパソコンが並び高度なパターンコンピュータ技術の学習から生産管理、就職情報の収集まで幅広く活用できます。
講師は現役プロフェッショナル
「プロフェッショナルを育てるのはプロフェッショナルである」という考えのもと、講師は全員、現役のデザイナー/クリエイターで構成されています。また、コミュニケーション能力に長け、教育への情熱を持っていることが必須条件です。
少人数制・ライブ授業
少人数制ライブ授業により、講師が受講生一人ひとりの理解度や進捗度などを考慮しながら授業を進めることができます。また、クラス定員は授業内容の難易度に合わせて設定されており、応用(実践)授業では8~12名制となっています。
産学協同プロジェクト
マロニエでは、創立から培ってきたファッション業界との豊富なネットワークや、1万人以上の卒業生とのパイプを活かして、企業とのコラボレーションを行っています。ファッションの現場で輝く実践的なスキルを身につけられる、またとない機会です。
授業ディレクション(講師会)
定期的に講師会を実施。各クラスの授業進捗やクラス状況を講師間で情報共有していきます。同時に、授業における問題点や改善点について話し合いを行います。また、業界動向や学生ニーズを踏まえてカリキュラムの見直しも検討します。