マロニエファッションデザイン専門学校

ホーム  >  学びの特徴  >  海外研修

海外研修

ファッションの感性を高める取り組みとして、マロニエでは在学中に海外研修を実地しています。ファッショントレンドの発信地でありながら歴史と伝統の息づくヨーロッパで、実際にさまざまな体験をすることで未来への可能性が大きく広がります。

行程表(例)

  • 1日目
  • 関西国際空港からイタリアのミラノ・マルペンサ空港へ
  • 2日目
  • イタリアデザイナー同行で工場見学
  • 3日目
  • イタリアデザイナーのアトリエでテキスタイルデザインの講習
  • 4日目
  • 染色、織物工場、美術館の見学
  • 5日目
  • ミラノで終日自由行動
  • 6日目
  • ミラノを代表するショップが集まる街で自由行動後、ビエッラに移動
  • 7日目
  • ビエッラで終日自由行動
  • 8日目
  • 熟練パタンナーのアトリエに移動しパターンについて講習
  • 9日目
  • ビエッラで終日ワークショップ体験
  • 10日目
  • ビエッラのデザイナーのアトリエに移動しデザイン講習
  • 11日目
  • ビエッラで終日ワークショップ体験
  • 12日目
  • ビエッラで終日ワークショップ体験
  • 13日目
  • 海の街カモーリィへ移動し自由行動
  • 14日目
  • 自由行動後、イタリアのミラノ・マルペンサ空港出発
  • 15日目
  • 関西国際空港到着

参加者の声

  • 荒井 リカ
  • ファッションクリエイション学科
    オートクチュールデザインコース3回生
  • 一番印象に残っているのは、現地のデザイナーのアトリエを訪問したこと。そこで、実際にパターンメイキングの指導をしていただいたり、ファッションに対する姿勢やデザイナーとしての心構えについての講義を聴くなど、本当に貴重な経験ができました。プロとして最先端で活躍されている大先輩に、直接会ってお話を聴くことで、自分の中に漠然とあったファッションに対する思いを再確認することができました。
  • 進藤 泰樹
  • ファッションビジネス学科1回生
  • 今回のイタリア研修は、とにかく内容が濃いものでした。現地での研修内容にもたくさんの学びがあり、大いに刺激を受けました。ファッションビジネス学科の1回生で参加したのは、ぼくだけだったので、出発前は少し不安でしたが、いざ現地についてみると先輩ともすぐに馴染むことができました。この研修を通して先生や先輩たちとより深く交流でき、いろいろな考え方に触れることできたのも大きな収穫でした。