マロニエファッションデザイン専門学校

ホーム  >  学びの特徴  >  学外コンテスト

学外コンテスト

学外コンテスト

学外コンテストで輝くマロ生たち

日頃から磨き続けてきた技術とセンス、そして積み重ねてきた成果を形にする機会として、マロニエではさまざまな学外のファッションコンテストへの参加を学生たちに推奨しています。一人ひとりの個性を伸ばす教育方針のもとで学んだマロ生たちは数々のコンテストで入賞し、その実力を思う存分に発揮しています。

ファッションクリエイション学科
アパレルデザインコース 2回生
水町 孝浩
OSAKA STYLING EXPO 2014 優秀賞/倉敷ファッション フロンティア 2014 最優秀賞/2014 TOKYO NEW DESIGNER FASHION GRAND PRIX 佳作/37th HEP OFC-Original Fashion Contest 準グランプリ

生活の中で感じている疑問を、ファッションという表現で伝えたいと考えています。単なる奇抜さやユーモアのある作品として受け取られて終わることのないよう、クオリティには徹底的にこだわっています。コンテストに参加すると他校の学生と交流する機会もあり、桁違いの刺激を受けることができます。彼らの才能とそれを磨き続ける努力に、時には打ちのめされそうになりますが、それがまた次の作品づくりへの意欲につながっています。

ファッションクリエイション学科
オートクチュールデザインコース 2回生
金山 恒樹
OSAKA STYLING EXPO 2014 最優秀賞/2014 TOKYO NEW DESIGNER FASHION GRAND PRIX 佳作 /37th HEP OFC-Original Fashion Contest ファイブ賞

受賞した作品すべてに共通しているのが、徹底した素材へのこだわり。素材の質感から図案を描き起こし、それを表現できる加工・素材を試行錯誤の中から生み出します。イメージ通りの素材に辿り着くまで、半年ぐらいかかりました。苦労はありましたが、賞を獲得できたことで自分の思いやこだわりが伝わったという手応えがありました。自分だけのオリジナリティを大切にしたデザインに、これからも取り組み続けていきたいと思います。

ファッションマスター学科 2回生
中村 凛
第16回千年大賞 審査委員長特別賞/全国文化服装学院連鎖校協会主催 第29回ファッションデザイン画コンクール 奨励賞

私がコンテストに挑戦する一番の理由は、自分を知るためだと思っています。コンテストで客観的な評価を得ることで、そこからおのずと「自分が何者なのか」ということ、「今という時代の中での自分の立ち位置」が見えてくる気がしています。賞を獲得できる喜びも大きいですが、それ以上に、学外コンテストを通して自分の技術やセンスを磨くことや、自分自身の人間性を高めることが、私にとって一番意味があることだと思います。

OSAKA STYLING EXPO
3年連続で最優秀賞(グランプリ)を獲得!

2014最優秀賞
ファッションクリエイション学科
オートクチュールデザインコース 2回生
金山 恒樹
2014優秀賞
ファッションクリエイション学科
アパレルデザインコース 2回生
水町 孝浩
OSAKA STYLING EXPOとは?
2013最優秀賞

ファッションマスター学科

横路 直樹
2012最優秀賞
ファッションビジネス学科
スタイリストコース
村上 千晴

「OSAKA STYLING EXPO」は、大阪らしいライフスタイルの発信を通じ、当地の魅力を内外にアピールするとともに、ライフスタイル関連産業の振興に貢献しようとするものです。

37th HEP OFC -Original Fashion Contest-

準グランプリ
ファッションクリエイション学科 2回生
水町 孝浩

何を想って身に付けるのか。本来の用途を離れ、色鮮やかな「ヘアゴム」をファッションとして身に纏うことで、機能を超越する可能性に注目し次世代へ繋ぐ新しい女性の衣服を表現。

ファイブ賞
ファッションクリエイション学科 2回生
金山 恒樹

平面で"たんしょく"でしかない白色少しのシワやおうとつでそこに影が生まれ奥深く美しい色彩が生まれるそこに生まれるデザインは時に多くの色を用いるよりも様々な色を表現してくれる

第21回浜松シティファッションコンペティション

優秀賞
ファッションクリエイション学科
オートクチュールデザインコース 2回生
國方 大路

日頃よく目にする、床や地面、ビルや家屋の屋根や壁などの、平面による連続した幾何学のデザイン。その単純で連続したデザインが、平面から立体へと動き出す。その世界では、人は、どんな服を纏っているのだろうか。そして、今まで描かれてきた近未来、そこには、自然は退廃的にしか描かれない。しかし、未来は機械だけでは続かない。時代が進化する過程。そこには、自然と人の共存、イメージから平面へ、平面から立体へ、物を作り出す、変化過程が必須である。

倉敷ファッションフロンティア 2014

最優秀賞
ファッションクリエイション学科
アパレルデザインコース 2回生
水町 孝浩

ベルトループの連続による身体にフィットする衣服。使用素材は多数のベルトループ。無意味に増えていく機能をモチーフに、使わないベルトループの意味を考えて表現しました。

天神橋コレクション 2014コーディネート団体部門

優勝
ファッションビジネス学科 2・3回生
竹田 千夏 山岸 千尋
中多創亮 石川 知恵
山口 真由子

天神橋コレクション 2014コーディネート個人部門

3位
コーディネート個人部門
ファッションビジネス学科
スタイリストコース 3回生
竹田 千夏

大阪問屋街活性化協議会主催
Tシャツデザイン画コンテスト

グランプリ
ファッションクリエイション学科
アパレルデザインコース 3回生
田中 芽久美

船場系
スタイリングファッションコンテスト

準グランプリ
ファッションビジネス学科
スタイリストコース 3回生
中多 創亮 竹田 千夏
山岸 千尋

全国文化服装学院連鎖校協会主催
ファッションデザイン画コンクール

奨励賞
ファッションマスター学科 2回生
中村 凛

福井ファッショングランプリ 2014

入賞
ファッションマスター学科 2回生
佐賀 みくり

第16回千年大賞 サービスウェア部門

審査委員長特別賞
第16回千年大賞 サービスウェア部門
ファッションマスター学科 2回生
中村 凛

2014 TOKYO NEW DESIGNER FASHION GRAND PRIX

佳作
ファッションクリエイション学科
オートクチュールデザインコース 2回生
金山 恒樹
佳作
ファッションクリエイション学科
アパレルデザインコース 2回生
水町 孝浩

デコリメイク&リメイク チャレンジ展 2014

日本ヴォーグ社賞
ファッションビジネス学科 1回生
馬越 陽菜
ブティック社賞
ファッションマスター学科 1回生
河村 恵利菜
洋装産業新聞社賞
ファッションビジネス学科1回生
坂井 美和