マロニエファッションデザイン専門学校

ホーム  >  学びの特徴  >  活躍する先輩たち  >  東 哲平 さん

活躍する先輩たち

RBTXCO 代表クリエイティブデザイナー東 哲平 さん
RBTXCO 代表クリエイティブデザイナー東 哲平 さん

高校時代から服づくりを始め、マロニエ在学中も展示会やショーなどの創作活動をつづける。卒業後は帽子メーカーやテキスタイルのデザイン会社で4年間経験を積んだ後、2006年、かねてからの自ブランドである「RBTXCO」を起業。独自の「物語」をバックボーンとする時代に左右されないプロダクトを発信し続けている。

マロニエの魅力は?

ファッションを知り尽くすプロフェッショナルな先生方がいる環境です。デザインやビジネスなど各専門の知識や技術を幅広く吸収できるので、自分の可能性を広げることができました。
  • 東さんの仕事を目指すならこの学科▼
  • ファッションビジネス学科ビジネスプランニングコース

普遍的価値を持つ、「物語」のあるファッションの発信。

2006年に起業して、以来自ブランド「RBTXCO」の経営をおこなっています。デザインや商品を作る時には、まずは「物語」を構築することから始めます。そうすることで、トレンドや時代の流れで作られたファッションにはない、独自の普遍的価値が生まれると考えるからです。ここ数年、ファッションはますます消費される一方になっていると感じます。新しいファッションは生まれた途端あっという間に価値を下げていく。そんな現状に違和感と危機感を抱いています。例えば、ワインなどは年月を経るほどにヴィンテージの価値を増していきますよね。そんな、消費のサイクルに巻き込まれない価値を持ったスタイルを、「物語」のある商品で発信していきたいと思っています。時間やコストはかかるので「あまのじゃく」と言われることもありますが(笑)、続けてきたことで、このスタイルに共感してくれる人が多くいることも分かりました。今はこの共感の輪が広がっていくことにやりがいと醍醐味を感じています。

新しい取り組みで、ファッションの未来へチャレンジを続ける。

ブランドを始めたのは、高校生の時に自分が欲しいサイズの鞄をオリジナルで作ったことがきっかけでした。それを友達が欲しいと言ってくれて、モノづくりの楽しさに目覚めました。マロニエ時代も独自の創作活動はおこなっていましたが、マロニエで学んだ後4年間は、帽子メーカーやテキスタイルの会社でグラフィック技術などの実践的なスキルを磨きました。それもすべて起業するため。目標に対して必要だと思うことは必ずチャレンジするよう心がけています。起業して9年目を迎えますが、今は現状のファッションを見直す新たな取り組みに挑戦しています。その一つが、年2回が常識の展示会を年3回おこなうこと。業界的にはオフシーズンといわれる時期にコレクションをおこなうことで、ワークショップ的に多くの方とファッションを考え直す機会を持てたら面白いと考えています。また、これまでにはなかった、素材そのものにストーリーを持たせた商品の開発も進めています。伝統工芸との融合や土地の風土から考えたプロダクトを通して、新たな価値を生み出せないか。新たな発想で、今のファッションを少しでも面白くできるようチャレンジしていきたいですね。

疑問にはとことん答えてくれる。徹底的に学べる環境がマロニエにはある。

マロニエでは先生に「授業が進まない」と言われるほど、質問攻めで困らせる学生でした(笑)アームホールの形一つとっても、納得いくまで聞かないと気が済まない性格だったんです。そんな時にもマンツーマンでじっくり指導してもらえる環境がマロニエにはありました。ミシンなどの道具も専用のものを使うことができたし、在学中に基礎を徹底的に学べたことはとても貴重な体験でしたね。起業に向けてブランドの相談にも丁寧にのってもらいました。そのような先生方との出会い、そして夢をともにする友人たちとの出会いは、今の自分にとても良い影響を与えてくれていますね。今思えばマロニエは洋服のプロになるにはとても恵まれた環境だったように思います。大学とも違い、実技を伴う学びを体験することは、ファッションの世界で生きる上で大きな武器になると思います。