マロニエファッションデザイン専門学校

ホーム  >  学びの特徴  >  活躍する先輩たち  >  桶谷 早苗 さん

活躍する先輩たち

株式会社ビッキー パタンナー 桶谷 早苗 さん
株式会社ビッキー パタンナー 桶谷 早苗 さん

マロニエを卒業後、株式会社ビッキーに入社。ヤングエイジ向けブランドのパタンナーとして経験を積む。現在は、“ワンランク上のベーシック”をコンセプトに遊び感覚と華やかさを融合したコンテンポラリースタイルを提案する同社の「ビアッジョブルー」のパタンナーを担当。デザイナーのイメージをつかむ深い洞察力と的確なパターン技術で、大人の女性の心をくすぐるデザインを形にしている。

マロニエの魅力は?

手厚い就職サポートです。就職活動は大変ですが、会社の情報や面接でのファッションなどの助言から履歴書の書き方や面接対応まで先生の親身になって教えてくれます。
  • 桶谷さんの仕事を目指すならこの学科▼
  • ファッションクリエイション学科オートクチュールデザインコース

デザイナー、お客様、生産の要望が 一つのパターンに込められている。

「ビアッジョブルー」のパタンナーとして働いています。パタンナーは、デザイナーが描いたラフ画から服をつくるためのパターンへ落とし込み、型として仕上げる仕事。そのため、デザイナーの意図やシルエットなどデザインのイメージをいかに形として表現するかが重要です。もちろん、デザイナーの個性も把握しておく必要があります。そこに加えて、着心地や動きやすさなどユーザーの目線、工数など工場での生産も計算しながら、パターンを製作する必要があります。また、カジュアルブランドと違って、「ビアッジョブルー」はグレードの高いお客様が多いので、糸一本のミスも許されません。常に高品質の服を提供するために、デザイナーのイメージを的確につかみ、お客様や工場のニーズにも応えていく。要求レベルが高いので、時には厳しいチェックが入ることもあります。大変ですが、そのぶんデザイナーの想像した以上のものを仕上げることができたときは、すごくうれしいです。非常に奥が深く、やりがいのある仕事だと思います。

デザイナー志望から今ではすっかり パタンナーの仕事の虜に。

入社一年目は、トレーニングも兼ねて手でパターンを描き続けていました。そのおかげで、ラインに対する感覚を磨くことができました。もともとはデザイナー志望でしたが、今では肩にかけるメジャーは私の制服という感覚。かわいく上手に仕上がった服を想像しながらミシンがけをしているときが一番楽しいですし、すっかりパタンナーの仕事の奥深さにハマっています。今はニットなど生地の知識を向上し、将来的には一から十まで何でもこなせるように幅広い知識とスキル、経験を身につけていきたいと思います。仕事をして、やはり私は、ものづくりが好きだと実感しています。マロニエでは、先生から、「プロになりたいなら、仕事と結婚か悩んだ際は仕事を選びなさい」とアドバイスされましたが、まさにその教えを守っているところです(笑)。でも、独立は考えていません。当社では企業の歯車という感覚はなく、社員一人ひとりの人間性を見てくれます。そんな会社の風土が好きなので、ここでずっと働いていきたいと思います。

思う存分、服づくりができる そんな環境が仕事の対応力を育む。

私は、服とものづくりが大好きで、小学生のころには自分でゴムウエストのパンツをつくったりしていました。だから、さまざまな技術を学び、数多くの製作課題に取り組むことができたマロニエの授業は、どれも楽しい思い出しかありません。特に、マロニエではボディもミシンも、学生一人ひとり専用のものを使うことができます。ミシン待ちなどもなく、存分に服づくりに取り組むことができました。また、仕事について感じるのですが、会社では担当するブランドのコンセプトやターゲットに応じた技術を使い、そのスキルを高めていくので、専門的になります。その点、マロニエの授業では、子ども服で多く使うスモッキングなどいろいろな技術を学ぶことができますし、卒業制作では、企画から製作まで何でも自分で行います。ファッション業界の現場には、さまざまな仕事があります。私もそうですが、デザイナー志望でも幅広い知識とスキルを学んだおかげで、いろいろな仕事に対応できる力が培われたと思います。