マロニエファッションデザイン専門学校

ホーム  >  学びの特徴  >  活躍する先輩たち  >  泉 亜希さん

活躍する先輩たち

株式会社アールエヌエー パタンナー 泉 亜希 さん
株式会社アールエヌエー パタンナー 泉 亜希 さん
マロニエ卒業後、株式会社アールエヌエーに入社。現在は商品部製作課で、服づくりの基軸となるパターン作成を行いながら、実際の縫製や加工の現場での生産管理までを含め、パタンナーの枠を超えて幅広い業務領域を担って活躍している。
  • 泉さんの仕事を目指すならこの学科▼
  • ファッションクリエイション学科

パタンナーという固定概念にとらわれない、服づくりへの思い。

私が勤めているこのアールエヌエーという会社は、デニムの加工を得意としているんです。ですから、私の仕事内容としては、パタンナーとしての仕事だけでなく、製品の仕上がりに関わる生産や加工の指示まで幅広くやっています。自分の担当する製品に関しては、工場との主なやり取りも、ほぼすべて受け持っています。もちろん、パターン制作もやりますし、トワルも組んだりしますが、それ以外にも縫製工場に足を運んでやり取りをする機会も多いですし、年に数回は中国に出張して、現地の加工工場で仕上がりのチェックや指示出しを行うこともあります。マロニエ時代の同級生の話を聞いても、普通の会社だとパタンナーは純粋にパターン制作に特化して業務を行うケースがほとんどだと思いますので、この業界ではちょっと珍しい形だと思いますね。

マロニエだったからこそ見つけられた、自分なりのファッションへの答え。

ファッションの世界に進もうと考えたのは、高校時代の学園祭がきっかけ。クラスで演劇をやったんですが、たまたまその時の衣装づくりを担当することになったんです。今思い返してみると、本当に何一つまともにはできていなかったんですが、それでも、服づくりの奥深さやその魅力に触れる大きなきっかけになりました。元々、モノをつくることは子供のころから好きでしたし、何か手に職をつけたいという思いはあったので、思い切ってこの世界に。オープンキャンパスに参加した時から、マロニエは他の服飾系の専門学校と比べて、すごくアットホームな雰囲気がありました。少人数ならではの先生との距離感の近さも感じましたし、自分にはここが合っていると思い、入学を決心しました。他の服飾系専門学校に進んだ友人の話を聞くと、クラスの友だち同士でもライバル視しあって、ちょっと殺伐とした雰囲気のところもあるというので、マロニエを選んでよかったなあと(笑)。友達もみんなおしゃれだったので、自然に自分のファッションに対する捉え方磨かれていった気がします。「ファッションとは?」っていう問いに対する答えが、マロニエでの時間を通して何となく解ったように思います。

毎回、新しい気付きがある。成長が実感できる仕事です。

この仕事をやっていて嬉しいのは、やっぱり自分がつくった服の売れ行きが良かった時や、町で偶然着ている人を見かけた時ですね。苦労したことや大変だった記憶も吹っ飛びます。他には、生産者の方と直接やり取りする時間も多いので、生地と加工のマッチングや、縫製の糸の選び方などの組み合わせによって、パターンを起こしているときのイメージ以上の服ができるのも、この仕事の面白さ。予期せぬアクシデントに見舞われることも多々ありますが、それが、予測できない意外ないい結果につながることもあり、それが結構楽しいです。やってみて初めて分かる効果とか、ほんのちょっと変えただけなのに、思いのほか良くなったとか、毎回のように気付きがあります。その積み重ねでどんどん良い物が作れるようになっていくのが、やっぱり楽しい。パタンナーは、自分のライフステージが変わっても続けられる素敵な職業。確かな技術を持ったパタンナーは、服づくりの要としてますますそのニーズが高まっている職業だといえます。