マロニエファッションデザイン専門学校

ホーム  >  学びの特徴  >  学内イベント  >  マロニエ祭2017レポート

マロニエ祭2017レポート

マロニエの学生が全てプロデュースする、学生のための祭典、それが「マロニエ祭」

10月14日(土)に行われた今年のマロニエ祭2017。保護者やマロニエの卒業生をはじめ、高校生・中学生まで多数の方々が来場しました。今回のマロニエ祭もマロニエの学生によるプロデュースのファッションショー、学科展示、特別展示、セレクトショップ、コンセプトショップ、カフェ、体験コーナーなど、今年も盛りだくさんの催しとなりました。

学生がプロデュースするファッションショー

マロニエ祭のメインであるファッションショーはテーマを「夜(や)」とし、企画・制作はもちろん、モデル・メイクをはじめ、裏方の音響・映像・照明まで、すべて学生たちがプロデュースして作り上げた作品となっています。12:00、14:30、17:00の3回行われたショーはすべて満員で立ち見が出る程の盛況。テーマに沿って作られた学生たちの情熱あふれる作品を発表し、ショーは大成功を収めました。

ファッションショーの様子はこちら

セレクトショップ

大阪にある古着屋から商品を買い付け。さらに学生オリジナルアイテムも!大好評で過去最高の売上となりました。

コンセプトショップ

学生が授業内で企画したショップを実際に立ち上げました。それぞれの個性が光った4店舗が展開されました!

満員で大人気のカフェ

恒例のカフェは今年は「美女と野獣」を意識したカフェをオープン!ドリンクやお菓子をはじめ、オリジナルメニューも多数。ファッションショーまでの待ち時間に、休憩にと、いつも満員で大人気のカフェでした。

学生たちの成長の証、作品展示

ファッションマスター学科、ファッションクリエイション学科、ファッションビジネス学科それぞれの学生たちの作品を展示。服のデザインからヘアメイクやアート作品、またビジネス企画など、各学科で学んだ成果を多数発表し、マロニエの学生たちの成長の証を展示作品を通じて見ていただきました。

SNSフォトブースや体験コーナーも!

今年はSNSフォトブースを用意して、撮影してくれてSNSに投稿してくれた方にプレゼントを渡すイベントや、オリジナルTシャツ手描き体験のブースも用意。