マロニエファッションデザイン専門学校

ホーム  >  学びの特徴  >  学内イベント  >  マロニエ祭2013レポート

マロニエ祭2013レポート

「マロニエ祭」ーそれは、マロ生が毎年、心待ちにしている、学園のサマー・カーニバル!!

今年のコンセプトは、「XーCROSSー」。
7/13(土)の「マロ祭」当日には、ご家族やOB・OG、高校生と数多くの方々が学園を訪問。
1Fから7Fまでの学園全域をステージに、マロ生によるファッションショー、在学生やOB・OGの作品展示にチャリティ・フリーマーケット、Tシャツコーディネート・スナップ展などなど、楽しいイベントを通じて、マロニエの今、そして過去と未来を体感していただきました。

Clothes(服)を介してCROSS(交流)し、Chronus(時)を超えて、みんながひとつになった一日。
そんな、2013年「マロ祭」の様子をリポートします。

マロニエ祭2013スナップ

本番直前のリハーサルでショーの最終チェック

『マロ祭』の華、ファッションショーは、ショー企画、服作り、構成、モデル、音響、照明まで、すべて学生たちの手で作り上げたマロ生フル・プロデュース。
13:00、15:00、17:30の3回公演を目前に行われた午前中のリハーサルでは、「最高のショーを見てもらおう!!」と、みんな真剣な表情でチェックを行っていました。

「マロニエ祭2013」ファッションショーが開幕!!

ショーは、ファッションビジネス学科とマスター学科のチームと、ファッションクリエイション学科とマスター学科のチームによる2部構成。
ファッションビジネス学科のチームは、「未知数ーUnknown」をコンセプトに、斬新なシルエットと多彩カラーリングでファッションの可能性を探究。ファッションクリエイション学科チームは、「流動≠静止」として、静と動が織りなす時間を表現しました。
ランウェイへ次々と展開される作品の世界に、オーディエンスはすっかり虜の様子。最後は、喜びと達成感に満ちた学生たちによるラストウォーキング。盛大なオベーションと華やかな雰囲気の中、今年のショーは大成功を収めました。

「マロニエ祭2013」へようこそ!!

1Fロビー周辺は、受付スペース。先生と先輩たちとの再会、ご家族との懇談と時間を超えた交流に、まるでサロンのような雰囲気。
受付横では、『マロ祭』初となるお菓子やドリンクの販売ブースで、のどを潤す方々が続出。その隣でキラキラと光る七夕の短冊オブジェも、来場者にCoolを届けていました。

Tシャツのデザインコンテストを開催

「私×何か」をテーマに、Tシャツコーディネート・スナップ展を開催しました。
1Fの応接ルームで、思い思いのデザインTシャツと表情で、「私」を表現した作品がズラリ。
マロ生や来場者の人気投票の結果、最優秀賞はファッションクリエイション学科3回生の植田雪穂さん・木村千春さんの合作に決定しました。

マロニエでの成長を見てもらおう!

3Fではファッションクリエイション学科とファッションマスター学科、4Fではファッションビジネス学科と夜間部の学生たちの作品を展示。服やデザイン、ヘアメイクやビジネス企画など、各学科で学んだ成果を発表。マロ生たちの日頃の努力と成長を感じていただきました。
4Fの壁一面に、「デザイン画コンテスト」の作品を展示。最優秀賞はファッションデザイン学科2回生の竹内穂乃香さんさんが受賞しました。

チャリティ・フリーマーケットは大盛況

5Fでは、毎年恒例のチャリティ・フリーマーケットを開催。
今年は、在学生たちが服やアクセサリを寄贈。販売スタッフの学生いわく「数えきれないほど」の品々を前に、ピーク時はまるでクリアランス会場のような盛況ぶりでした。

休憩時間も楽しさいっぱい!!

ファッションショーの合間の控室に潜入!! 5Fの控室では、モデル役の学生たちが楽しくおしゃべりしながら、メイク直しに足のマッサージと、次のステージに向けて準備中。
「疲れたー」と言いながらも顔は笑顔。何気ない時間も、『マロ祭』の楽しい思い出です。

「マロニエ祭2013」を終えて一言!

松井 玄太 さん
マロニエ祭実行委員会
委員長
ファッションデザイン学科
3回生
松井 玄太 さん

「学生全員でつくりあげる『マロ祭』は、大好きな行事。今年の実行委員会は、3回生中心でしたが、4回生の先輩のサポートもあり、今までにないものが実現できたと思います」

恒次 美里 さん
マロニエ祭実行委員会
委員長
ファッションビジネス学科
3回生
恒次 美里 さん

「普段は服作りに関わっていないファッションビジネス学科も、ショーの作品づくりに参加しました。『マロ祭』の企画にショーと、みんなで自分たちの色を表現できたと思います」

マロニエ祭2013スナップ