マロニエファッションデザイン専門学校

ホーム  >  学科・コース  >  ファッションマスター学科

ファッションマスター学科

ファッションマスター学科

「高度専門士」を養成する、日本初の“4年制”ファッション学科。

4年制大学卒業と同等の学歴となる「高度専門士」を取得できる日本で初めての、ファッションビジネスとデザインをトータルで学べる総合学科です(文部科学省HP内資料「高度専門士の称号を付与できる専修学校専門課程」参照)。
実践的な内容を学べるカリキュラムが多く、最終学年は自分でカリキュラムを選ぶ事ができ、インターンシップはもちろん、やりたい事、知りたい事を徹底的に学ぶ事ができます。
自分の武器を最後の1年でプロレベルまで磨き上げる事が可能です。

日本で初めて設置された、ファッションの「高度専門士」をめざす4年制総合学科
ファッションマスター学科は文部科学省告示の「高度専門士」をめざし、ファッションクリエーター、ファッションプロデューサーというスペシャリストを養成。ファッションデザインや商品企画・制作、ファッションビジネスをより深く学び、技術と知識を習得。国内・海外のファッション大学院の進学資格を得ることもできます。
ファッションの現場での実践カリキュラムが中心!現場で差が出る高い実力が身につく
カリキュラムは実践重視。ファッションクリエーターを目指す学生は縫製、アパレル企業など、ファッションプロデューサーを目指す学生は販売や企画部門などでのインターンシップを実施しています(実施企業例「オンワード樫山」「パル」「ワールド」など)。
在学中に自身のブランドを立ち上げる事が可能
卒業制作展で自身のブランドをファッションショーにて発表。デザインからパターン、工場への商品発注から商品の金額決め、ブランド企画、プレゼンテーション、店舗企画など、ファッション業界の一連の流れを在学中に経験することができます。

高度専門士とは

高度な教育を受けた者だけが得られる学士と同等の学位のこと。

高度専門士付与に関する要件

1.修業年限4年以上
2.卒業時の総授業時間数3,400時間以上
3.体系的な教育課程の編成
4.試験等による成績評価、その評価に基づく課程修了の認定

「高度専門士」と「専門士」の違いは

高度専門士は4年制大学卒者と同等の称号。

2年制、3年制の専門課程修了者に対して付与される「専門士」は、短期大学(準学士)と4年制大学(学士)の中間的存在として、就職後の給与面でも短大卒者と同等かやや上位という程度ですが、「高度専門士」の場合は4年制大学卒者と同等であり、大学院への進学も可能となっています。

国家公務員の待遇面でも、4年制大学卒者に並ぶ。

国家公務員の初任給が、高度専門士付与者に限り大卒者と同等とすることが人事院規則に規定されました。これによって、高度専門士は待遇面でも4年制大学卒者と肩を並べる称号です。

対応資格・検定

洋裁技術検定  ファッションビジネス能力検定  パターンメーキング技術検定  

ファッション販売能力検定  ●ファッション色彩能力検定  色彩検定  販売士

CLASSWORK

自由研究

得意科目のスキルアップを図ったり、苦手科目を克服するなど、学生一人ひとりの身につけたいスキルや目標に合わせ、効率的な成長をサポート。卒業制作展では、ファッションショー等で自分のブランドを発表。ブランド企画からプレゼンテーション、デザインやパターン、工場への発注から商品の価格設定、店舗企画まで、ファッション業界の一連の流れを学びます。

衣装企画

● 衣装企画

ブランドオーガナイズ

● ブランドオーガナイズ

産学連携

日本女子博覧会衣装制作/BsGirlsユニフォーム制作/無重力クッキー衣装制作/ボブソン×マロニエ Tシャツデザイン/産学協同プロジェクトその他授業

主な科目の紹介

  • ブランドオーガナイズ

    • 卒業制作展で自身のブランドをファッションショーを含めて発表。
      デザインからパターン、工場への商品発送から商品の金額を決め、ブランド企画、プレゼンテーション、店舗企画など、ファッション業界の一連の流れを学びます。
  • 自由研究

    • 得意科目をさらに勉強することでスキルアップを図ったり、苦手な科目を克服するなど、学生各自が学習科目や目的を定めて学習。それぞれのスキルに合わせた課題やアドバイスで、より効率の良い成長へとサポートします。
  • 産学コラボレーション

    • 学内の講義のみならず、工場・産地などの見学や、企業とのコラボレーション、海外研修旅行などを通して現場を体験。業界をリアルに肌で感じ、プロと直接話すことで、より実践的で責任感あるスペシャリストへと育成します。

1〜4年次カリキュラム

デザイン科目

創作デザイン/アパレルデザイン企画/ファッションイラストレーション/アパレル生産管理など

テクニック科目

インターンシップ/フラットパターン/パターンメーキング/ドレーピング/ディスプレイ/IT/アパレルCAD・CG/プロダクト縫製/服飾工芸/自由研究/ブランドオーガナイズ など

基礎科目

色彩学/パーソナルカラー/カラープランニング/素材学/ファッションデザイン学/ファッション造形学/服装史/商品知識/英会話/ビジネスマナー/コレクション情報 など

ビジネス科目

マーケティングリサーチ/マーチャンダイジング/ビジュアルマーチャンダイジング/ビジュアルデザイン/計数管理/流通販売論/広告・編集学など

4年次時間割の一部紹介

  1時間目 9:30~11:00 2時間目 11:10~12:40 3時間目 13:30~15:00 4時間目 15:10~16:40
企画 IT カラープランニング -
パターンメーキング パターンメーキング 企画 企画
生産管理 素材学 手工芸 -
自由研究 自由研究 自由研究 自由研究
自由研究 自由研究 自由研究 -

ファッションマスター学科を選んだ私の理由

自分の成長を実感。その手ごたえがやる気につながります。

上田 漱人
上田 漱人
ファッションマスター学科2回生
常翔学園高等学校 出身
この学科を選んだのは、ファッションについてより深く幅広く学ぶことができ、さらに高度専門士の資格が取れるから。社会に出る前にしっかりとスキルを身につけ、それを資格という形で手に入れたかったんです。入学当時は将来の目標もあいまいでしたが、この2年間で自分のやりたいことがだんだん見えてきて、最近は自分自身の成長も確実に実感しています。

本当にやりたいことに、全力でチャレンジできる4年間です。

佐賀 みくり
佐賀 みくり
ファッションマスター学科3回生
京都市立紫野高等学校 出身
本当にやりたいことに、全力でチャレンジできる4年間です。ファッションマスター学科を選んだのは、4年間かけて自分がやりたいことにじっくり取り組めるから。少人数制で先生がしっかりサポートしてくれるし、作品制作の生地も自由に使えるので、自分が作りたいものに思う存分チャレンジできる環境があります。アットホームな中にも、自分の夢に向かって本気でがんばれる、そんな真剣な空気がマロニエには流れています。