マロニエファッションデザイン専門学校

ホーム  >  マロニエとは  >  ファッション業界の仕組み

ファッション業界の仕組み

創る Creation

企画

クリエイティブディレクター

ファッションデザインをメインに、ショップの内装に至るまで、ブランドのイメージ戦略を全般に手がけるクリエイター。自らデザインをせず、デザインチームを監修する場合もある。

デザイナー

洋服のデザインを行い、イラストで表現。素材やパターン、縫製などの専門知識も必要。ニットデザイナー、グッズデザイナー、テキスタイルデザイナー、衣装デザイナーなどがある。

イラストレーター

カタログやプレゼンテーションのためのファッションイラストをはじめ、雑誌の表紙や挿し絵のイラスト、広告のイラストを描いたりすることも多い。

生産

生産管理

商品を生産するための工場選びや、縫製指示の内容がまとめられた仕様書を作成するなど、工場とメーカーをつなぐ大切な役割を担う。

パタンナー

平面のデザインを立体の服にするため、布を裁断するための型紙(パターン)をCADなどを使用して制作する設計者。服作りの中では、デザイナーと同等の重要な役割をもつ仕事。

縫製技術者

洋服やバッグ、アクセサリーなど、布地を使った商品の縫製を手がける。技術者の熟練度によって、パーツや展示会などのサンプル、1点もののドレスなど、業務の幅は広い。

売る Sell

計画

プロデューサー

ショップ全般の企画・演出を行う仕事。ショップの内装やお店のイメージに合う包装、販売方法など、ブランドのイメージ戦略も行う。

バイヤー

セレクトショップや百貨店に所属し、さまざまな商品を買い付け、商品の仕入れを担当する仕事。流行・材料・品質など、あらゆる面から売れる商品の目利きを行う。

マーチャンダイザー

流行などを分析して商品化の計画を立て、デザインから素材、そして販売数量や価格などを決定し、生産工場との調整を行う。

販売

ショップマネージャー

いわゆるショップの店長のこと。ショップのスタッフや商品を管理、また売り上げ予算の目標を立て、それを達成するなど、ショップのマネジメントが主な業務。

ショップ店員

店頭で実際に接客販売をする仕事。ファッションアドバイザーとも呼ばれる。現場の最前線を担いお客様に最も近い存在であり、接する機会が最も多い仕事。

VMD

VMD(ビジュアルマーチャンダイザー)とは店内のディスプレイを中心に、服の並べ方や陳列など、ブランドイメージを向上させるためや、販売効率の向上のために、ショップのビジュアル面をサポートする。

伝える Appeal

販売促進

スタイリスト

雑誌・広告・TVなどのさまざまなメディアで使われる服を選んで、モデルやタレントなどに着せ付け、ビジュアル面を演出。ミュージシャンや芸能関係、広告などの仕事が多い。

エディター

ファッション雑誌や本づくりに関わるスタッフを選び、誌面の企画のディレクションを行う。取材に行ったり、時には自分で原稿を書くことも。

プレス

ファッションブランドの広報・宣伝を手がける。ブランド・ショップとメディアをつなぐ仕事。

ショープロデューサー

新作コレクションを発表するファッションショーで、会場のセッティングスタッフから音楽、モデルウォーキングまで、さまざまな演出・ディレクションをする現場の責任者。